ポルシェの系譜

VK30.01P、ポルシェの系譜、始まりの車両だ。

 
Tier6MTの中でも微妙な子扱いを時たまされてしまう当車両だが、実はそこそこ出来る子なのだ。

単発220の火力をTier6にして手にした当車両は、他のMT組より一つ上位の火力を発揮することができる。ただ貫通力の方はAP132APCR171と微妙な数値で、若干の貫通力不足に悩まされるかもしれない。地形対応力も俯角8°と悪くなく、砲塔の装甲厚も相まってハルダウンではかなりの粘り強さを発揮してくれる。

 

車体防御力はそこそこ高く、正面が75mm、側面は60mmと、豚飯・昼飯の角度を取れば中々のしぶとさを発揮してくれるだろう。砲塔正面は防盾込みで200mmクラスの防御力を発揮する。隠蔽率は低いので間接的な防御力は並程度だ。

機動力は並みレベルで、加速は遅いが最高速度は60kmと速い、ただ通常の道や不整地などの状況では50kmが出て関の山なのでそれで考えておこう、しかし陣地転換には困らない程度にはある。

履帯性能はあまりよくない、超信地旋回が出来るといっても他国のMTやらと比べるとにぶさが目立つだろう、超至近距離の肉薄戦は苦手といった感じだ。

問題点があるとすればHPの低さだろう、その巨体に似合わず非常に繊細な車両を思わせる。710は流石に低すぎると修正の噂もしばしば立つが、いつになるのかはわからない。

 

総合的に見て単発火力の高い砲を持ち、そこそこ硬い前線向きの車両と言える。

ただし8.8砲の貫通力はそれほど高くなく、使い勝手に少し難がある。上位に対する安定性も少し欠けるのでそこは弱点を狙う腕で補っていこう。

 

なんというか一長一短のような車両に見えるが、まぁ強い方の車両だとは思う。

機動性が~とか貫通力が~とか言っている人がいたら、まだVKPという車両に慣れていない証拠だろう。貫通力も、機動性も最低限備わっている車両であり、ないわけではない。

Tier9のMTであるE50のTier6版とでもいう感じだろうか?なかなか硬く、単発がそこそこ重い、HTのような動きができる車両。E50を使ってから戻ってきてみたがなかなかいい感じだ、豚飯や昼飯の角度を取れば弾けるときは弾ける、単発の火力も他国MTより高いので割と削り合いにも強い。

前線で戦うための性能がこの車両には備わっており、今まではそれを生かしきれていなかったのだと実感させられた、低ティアに戻ってきてこそ分かることもあるのだなと。

 

しばらくTier9を離れ、低ティアで再訓練を積もうとしている私にはうってつけの車両だろうか、E50と違い、恵まれ切った環境ではないところもまた工夫を施せば強くなる点として捉え今後のためにもじっくり乗っていきたい車両だ。

さて、短めではあるがここら辺にしておこう、それではまたごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中