BF4従軍記「FinalStand」

今回はFinalStandの感想ということで、非常に長い記事になることを先に注意しておく。 それと長い記事故に誤字脱字が多々あると思うが、そこはイントネーションやらなにやらで補っていただきたい。

先日のアップデート、FinalStandで追加された新MAPをフレンドさんと共に遊んできた。 たまにはコンクエスト以外でも遊ぶのは悪くないのではということで、様々なルールがローテーションに組み込まれているサーバーへと足を運んだ。

 

最初はコンクエスト、次はラッシュ、その次はCTF(CaptureTheFlag)だ、CTFはBF3のDLC「EndGame」からあったルールだが、本来洗礼された動きが要求されるCTFが野良でスムーズに動くわけがなく、グダグダと制限時間を食いつぶしていく試合になることが多かった。

どうやらBF4では制限時間内に指定のフラッグ数を確保できない場合は、チーム全体の合計スコア?で勝敗を決めるらしい、BF3はフラッグ数を確保できなかったらそのまま引き分け、結果画面的には両チーム敗北という形になっていたはずだ。

 

とりあえず感想を書いていく、コンクエストの試合は「HANGER21」。

マップの構造は縦に長く、高低差が激しいマップだった、最深部には建造途中と思われる新型兵器が配置されており(無論使えない)ちょっとわくわくした。 このマップだけなのかはわからないが新ギミックも1つあった、俗に言うカタパルトってやつだ。

カタパルトを使用するとプレイヤーは専用のポットに搭乗し、角度によってある程度の距離を飛翔する、途中でポットから離脱することもできるので移動距離は自由自在だ。

HALOシリーズにもこんな感じのポットがあったななんて思いながらちょっと使っていた…

拠点が集中する中央部付近は谷のような地形になっており、外周部から偵察兵や援護兵から猛攻撃を受けやすい、拠点を移動する際は高速で移動できる乗り物や輸送ヘリを多用することになるだろう。

最深部の2拠点はほぼ隣接していて、比較的平坦な場所で戦うことになる、突撃兵や援護兵が良く出没するポイントに思えた。マップ自体の総評としてはなんというか新感覚なマップだった、出現する兵器も少なく地上はほぼ歩兵のみで戦うことになる、が、高低差が激しくどこから撃たれているかわからなくなることが多い… まだ研究は必要だが、これまでのDLCマップや既存のマップとは全く異なる感覚のマップだった。

 

次はラッシュだ、OPREATION WHITEOUT?だったかな、氷の平原マップだ。 攻撃側・防御側ともに兵器が少なかった。(第2防衛線までしか試合が続かなかった

 

歩兵力が試されるマップだ、私はそんなマップで何をしていたかというと 攻撃側から奪取したスノーモービルでひき逃げをやっていた、実に楽しかった… 1度で4人も持って行けた時は快感だ、試合には勝ったからとりあえずは大丈夫だろう。

ラッシュはよくわからない、最後の拠点までいかなければマップの全貌も分からないし、後半の防衛線に兵器が出現するのかもしれないし、出現しないのかもしれない。

 

最後はHAMMERHEAD、フレンドさんの間では一番人気のマップだ。 中央に大きな稜線がありその中に基地がある、構造的にはCAのWAVEBREAKERのBに酷似している。 外周部は氷の平原が広がり、要所要所に拠点が配置されている。

CTFでは稜線を間に挟み互いの陣地が配置されいた、稜線の頂上に敵の工兵軍団が配置されると車両が動きずらく、守るのも攻めるのも手を焼くことになる。

今回はFSにしか配置されないMBT、HT-95という車両に乗っていた。 ホバー移動ができる戦車で、水の上も移動できるという優れものだ!但し砲塔がなく、砲自体の左右稼働角もほぼない、仰角は20°程度、俯角は7°だった、使い勝手はWoTの駆逐戦車に近かったが旋回速度が非常に良好だった、上手い人にかかれば踊るように戦場を走り回れるはずだ。

体感だが通常のMBTより機動力ダメージから回復する時間が長く、主砲のRoFが高い。砲の威力は変わらないようだがいわゆるDPMが高いというやつだ、それと砲塔がないため自由に照準を合わせることができない、歩兵対策に機銃をつけている人は注意が必要だ。

私的意見だと歩兵はメインのAP弾で始末し、車両に対してはスタッフ弾で命中精度を上げることをお勧めする、殺傷範囲の広いAP弾は甘い照準でも他の砲弾より殺傷する確率が高く当てやすい、スタッフ弾は一定範囲に敵車両がいると自動追尾し、当車両の狭い照準範囲を少し広くしてくれる。

私はあまり地上兵器が得意ではないが、この独特な操作性に魅かれてしまい、夢中になっていた。 試合自体はやはり手詰まりになり、制限時間をフルで使い切る形になってしまったが、スコア差で勝つことができたようだ、歩兵をやっていないため地形の把握はあまりできなかったが まぁまぁの戦績が出せたからとりあえずは満足だ。

 

FinalStandは今までのDLCとは少し?違った感覚のマップが多い、広いマップにもかかわらず歩兵が戦場を支配しやすい構造なのだろう、兵器は機動力を求められIFVが多く配置されており、MBTは少なくなってしまった、その代わりにHT-95が拠点湧き兵器として配置されていたりするが…

まだリリースして間もないこのDLCはユーザーの間では不評だが、他のDLCとは違うと割り切れば少し楽しく遊べるのではないだろうか?是非諸兄もこのDLCでの楽しみ方を見つけ、各々満足のゆくプレイをしてほしい それではまた、ごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中