BF4

HADESの生い立ちについて聞きたいとのフレンドさんからの要望があった。

答えようではないか~、という訳で今パートはHADES小隊の歴史的なものを語ろうと思う。

 

HADESの生まれは2013年2月に遡る、最初は別のFPSからの集団だった我々は

別にBF3ではクランを作る気もなく、とりあえず小隊というコミュニティーに留めることにした。

当時の私たちは様々なゲームに進出しており(MMO FPS等など)、BF3をやる人間は少なかった。

結局のところ6名いたのが5名になり、今となっては現副隊長と私しか残っていない。

 

そもそもなんだHADESという名前になったのか、正直私も覚えていない。

ただかっこよかったのか、なにか思うところがあったのか、思い出せはしない。

 

 

だらだらとやっていたBF3も、BF4の発売をきっかけに終わりを告げ

BF4でもHADES隊を作るのかと副隊長に相談を受けた、一応作ってみるかなと思っていたのだが

最初はプレミアムアカウントではなかった私は小隊を作ることができなかった。

そこで副隊長が創設者となり、BF4でのHADES03が誕生したのだ。

 

BF4のHADES03はBF4に小隊機能が実装された、2014年3月1日だ。

やはり最初は私と副隊長、あと一応BF4を買っていたBF3時代のHADESの生き残り2名だった。

別件文句はなかったがそこは寂しいではないかと副隊長がフレンドを誘い始めた。

 

通称狐くんが入隊したのはそれがきっかけだ、いつ知り合いになったのかは知らないが

彼が入隊第1号だった、その後なだれ込むようにほかのメンバーも加入していき

気付いたら10名を超えるそこそこの小隊となっていた。

 

副隊長はBF4のある生放送の常連だった、その生放送の主はクランマスターあであり

我々とも仲良くしてくれていた、交流戦第1号となったのも彼のクランだ。

そこから徐々にフレンドの輪が広がり、なぜか強い人がバンバン入ってきて

「HADESは強い人おおい」「HA03が固まってる!?」とか何かと言われるようになってきた。

嬉しいことだ。

 

いつしか入隊には厳しい条件が付きまとうとか思われてきていたり

それを聞いたときはちょっと笑ってしまった、クランでもないのになぜ実力主義なところ

と思われているのだろうと、ある程度のマナーとかは求めるが

その人の強さ自体はあまり求めない、あまりにお粗末だと流石に考えるが

私が知る限りではフレンドさんにそのような輩はいない。

 

長くなってしまったが、創設からおおよそ1年半位が経とうとしている我が小隊は

いつの間にかに立派になり、私自身が勝手に誇れるくらいになってしまった。

私はこの小隊の隊長でいられることが非常に嬉しいし

誇らしい、その反面私が弱くて面目ないところも多い、その点は別な所で補っていく。

彼らの楽しめる場所を提供することができれば、私も満足するだろう。

 

それではここら辺にしよう、少し見苦しかったり、見づらい記事になってしまったこと

申し訳ないと思う、それではまた、ごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中