Tier9MT特集2

連続して書いていこう。

前回はT-54を研究した、今回はその対抗馬として○○を紹介したいところだが~

いまいち分からない、センチュリオンあたりなのだろうか?それともT54E1?

考えても埒があかないので今度調べておくことにして、我が愛車であるE50を対抗馬として出してみる。

 

E50は単純戦闘能力ならTier9MTの中でも群を抜いているはずだ。

まずは防御力から調べていく、正面装甲は傾斜込みで220 ~ 250mmを超え、もはやHT並である。

ただし車体下部の投影面積は広く、上部より柔らかい、均等な180mm程度で構成されている。

この部分にはトランスミッションが配置されており、被弾するとそこそこの割合でエンジンが損傷する(炎上はVer9.3で修正された

側面装甲も80mm、敵に対してこの装甲厚で昼飯の角度25°を取ると正面331mm車体下部192mm側面196mm

かなりの重装甲だ。

砲塔の装甲は185mmと一見厚めだが、垂直に近いので実質190mm程度とほかの部位より薄い

キューポラも面積は小さいが、160mmと薄く、狙われやすい弱点となっている。

 

機動力は移動こそ困らないほどではあるが、瞬発力はない。

最高速度は50km~55km程度と高くまとまっており、陣地転換に不満を覚えることはない。

一方旋回速度は32°と少し低めで、砲塔旋回速度も毎秒30°と至近距離戦は少し苦手だ。

 

攻撃面は最終砲の10.5cm砲が非常に優秀だ、精度・集束はTier9中戦車の中でもトップクラスの砲だ。

単発威力は390、平均貫通力もAP220,APCR270と標準的であり、使い勝手に非常に優れる。

チョコレート・戦友で装填速度が7.74秒と、HT並みの単発火力をMT並みの連射速度で撃てるのが

非常に心強い。

 

総合評価を下すと、隠蔽率と少しの肉迫戦闘力を犠牲に、かなりの高水準でまとまっている車両だ。

故に大抵の場合、当車輌の配置は最前線である、wikiにも書いてあることを書くようだがそうとしか言い様がない。

ただしTier10にぶつかった際には少し後方から撃つのもさして困りはしないだろう、格上には少し後ろ、同格には最前線。

相手に対して戦い方を変えることもこの車両にとっては造作もないことだろう。

 

総合水準が高い当車両は、人気車両であるT-54にも引けを取らない強さがあると思うのだ。

Tier9MTの中では目立たないように見えて、実は強い。ものすごく強い部類かもしれない。

 

それでは今回はこのへんで、ごきげんよう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中