Tier5/6 重装甲車両 其ノ二

前回の続きだ。

アメリカ:T1Hevy T14/ M6 M4A3E2 ShermanJunmbo

ソ連:KV-1 KV-1S ChurchillⅢ KV-220/KV-2 T-150 KV-85

ドイツ:VK30.01(H)/ VK36.01(H)

イギリス:ChurchillⅠ Excelsior AT2/TOGⅡ ChurchillⅦ AT8

フランス:BDR G1 B/ARL44

中国:該当車両無し

日本:該当車両無し

前回はこれらの車両のうちT1 Hevy KV-1 KV-1S ChurchillⅠ  AT2 BDR G1 B VK30.01(H)を紹介した。当パートは ChurchillⅢ T14 Excelsior KV-85 KV-2 T-150とりあえずこの6両を順に紹介する予定だ。

 

では順番にChurchillⅢ、大体ChurchillⅠと似たりよったりな防御性能だ。ただ、車体のでっぱている部分はChurchillⅠより硬く118mm前後の防御性能を発揮している。その他はほぼ同じだ。

 

次はT14正面装甲は傾斜がそこそこかかっているので80mm ~ 100mm前後の防御力を発揮している。砲塔はそこそこ硬く、120mm前後の防御力。防盾は言わずもがな200mm前後というなかなかの防御力だ。コイツは防御力というより機動力が高い車両だ。意外とちょろちょろ動いてはひょっこり顔を出してくる。

 

次はExcelsior、Tier5の中で一番硬い重戦車な気がする。正面は均等な装甲厚で、高い防御力を発揮する。全面114mmの装甲で覆われ、砲塔も同等の防御力を備える。また、Churchillと違い、履帯の奥にダメージ判定がなく安心して正面を向けていられる車両だ。

上に書いたのは全て課金戦車で、Tier5の車両達だ。そして今から書くのが、Tier6系の車両。

多くの車両が国ごとのスタイルを確立されてきている。

ソ連から行こう。

KV-85

KV-1の改良型といったところだが、車体装甲厚はほぼ変わらない、正面はおおよそ85mm前後の部分が多く傾斜がかかっているところで110mmなくらいだ。砲塔はこの車両の次、ISと酷似しており結構な防御力を発揮している。正面で100 ~ 130mm、防盾部分は100mm ~ 180mmクラスの防御力だ。但しこの部位は投影面積が狭く、下手に狙うと横にずれて傾斜のきつい部分に当たり弾かれてしまうことがたびたびある。そのため砲塔の上のキューポラ、これを狙えばよい。95mm ~ 110mmで大半が構成されている、円形なのでできるだけ角度がつかないように中央を狙うとなお良しだ。

KV-2

これもKV-1に大きな砲塔を付けたような戦車だ。車体はKV-85を参考にしていただきたい。砲塔は非常に大きく、投影面積が広い。垂直な部分が大半を占め、実厚はほぼ変わらず75mmだ。但し防盾は砲塔の大型化に伴いこちらも大型だ。傾斜のきつい端っこの方は300mmクラスの防御力を発揮する。防盾中央部は比較的薄く、110mm程度の厚みしかない。が、これらの防盾の弱点を撃つ位なら最初からでかい砲塔を撃った方が断然早い、弾かれる可能性も低くなるのだ。

T-150

正面装甲はKV-1より強化されており100mm前後の防御力を発揮している、車体下部も100mm前後に仕上がっており全体的に硬くなっている。砲塔の装甲もより硬くなり、正面から貫通させることは厳しい。六角形のような構造になっていて、斜めの部分を撃つと200mm以上の防御力になる真正面を見ていても垂直な部分は非常に狭い。防盾周りも120mm ~ 200mmクラスの防御力がある。しかし、砲塔の上にキューポラがあり、これは80mm ~ 90mm程度の防御力だ。下位ティアでも十二分に貫通可能だ。

これらすべてのソ連重戦車に共通の特徴は非常に攻撃力が高いところ、そしてKV-85とT-150はそれぞれ別の特徴を持つシリーズになっていく。KV-85は選択肢が豊富で、最終砲の候補が2種類ある。100mm と122mmだ。100mmは単発250、毎分8発の発射が可能で総じてバランスの取れている砲だ。122mmは単発390、毎分3 ~ 4発の発射レートだ、単発390はTier6にしては破格の威力を持つ。そして何より機動力が高い、他国のHTと比較すると中戦車寄りの機動力があり、頻繁な陣地転換にも対応できる柔軟性がこの車両シリーズにはある。

T-150は、107mm砲の搭載が可能で 107mm砲は単発威力が100mm砲より優れており、300となっている。ただ威力増加に伴い毎分の発射数も6 ~ 7発と低下している点に注意が必要だ。T-150の次はKV-3、KVルートと呼ばれるこのシリーズは全体的に装甲厚が高く、機動力は並のHTと重戦車らしいシリーズに仕上がっていく

KV-2は残念ながらここで打ち切りとなってしまうが。火力面で非常に恵まれている車両だ。122mm榴弾砲に始まり、152mm榴弾砲、107mm砲の搭載が可能だ。152mm榴弾砲は平均ダメージが700 ~ 910と貫通すれば同格HTですら致命傷、若しくは一撃爆散するほどの火力がある。榴弾の威力は驚異的で、非貫通でも300ほどのダメージは見込める。107mm砲はT-150と同程度の物が積める。機動力を犠牲に、火力面に恵まれたKV-2は使い方次第ではTier以上の活躍をすることができる。ただし、扱いは非常に難しいので注意が必要だ。

さて、2パートに分けても終わらないわけでこれの次も重戦車回になる。

次は34.2としよう、ではごきげんよう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中