現時点でのランダム戦

果たしてどれほどの意義があるのか、最近良く考える。

練習の合間を見てランダム戦で撃ち合いの練習をしよう、というのが最初の試みだった。だが蓋を開ければどうだろうか、もとよりランダム戦ではそこまでの練習にならないと思っていたがこれは深刻だ。全く練習にならんのだ。何が問題なのか、まずはちょっとずつ細かくしていこう。

1.練習したい場所で練習が出来ない。

撃ち合いというのはチームバトルなんかでは重戦車の花とされるほど楽しいものだ、敵と1対1か、1対2か、はたまた2対1か、そういうかなり狭い範囲での殴り合いを撃ち合いって私は言うと思っている。ランダム戦だとこれが出来ない。

もちろん局所的には可能といえば可能だ、ヒメルズドルフの8ラインや氷河の1/2ラインがそうだ。だがそんな場所の撃ち合いなんてもとから望んでないのだ。1対1の撃ち合いになった場合だが、それはそれで微妙なのだ。本来求める撃ち合いというのは例えばS.Conqueror同士の撃ち合いだったり、S.ConquとIS7だったりと、それぞれ特性をもつ重戦車との撃ち合いなのだ。

ランダム戦だとTier差と車輌差が出てしまう以上まともに練習にもならないのだ。例えばE100や格下重戦車なんかと撃ち合ったところで求める答えにはたどり着けないのだ。

 

2.想定外の射線を気にしなければならない。

もちろんこれも出来て一人前となるのだが、ランダム戦で全ての射線を管理することなど到底不可能だ、特に自走砲の射線だ。チームバトルでも自走砲が登場することは珍しくはな…いや珍しいが、登場しないということはない。だが、登場したとしても1両程度だ。ランダム戦の場合低減されたとはいえ3両がつきまとう。

自走砲の仕様変更以降は搭乗者が少なくなったとはいえ、その驚異は未だゲーム中でも最強クラスだ。もちろん、我々もある程度の射線管理はできるが、射線管理をしたとしても、避けようがないのが自走砲の射線だ。

建物の影に隠れようが、稜線の影に隠れようが、いずれは必ず射線に出なければならない。想定外の出費が出ると1ヶ月の計画に狂いが出るように、想定外の被弾が発生すると構築していた予想図が全て崩れてしまう。

 

3.そも相手にならない。

いやそんなことはない、でもそんなこともある。二極なのだ。試合に負けることがあっても大抵の場合撃ち合いには勝ててしまう。課金弾の使用率もあるがそもそも相手の実力が釣り合っていないことは多い。もちろん、WoTの主要モードであるランダム戦がそのような場であることは百も承知だ。練習、撃ち合い、そういった観点で見ればお話にならないっていうだけだ。そこまで深刻に考えないでくれ。

 

さて、とりあえず3つ並べては見た。今のWoTは前衛戦や進撃戦、最近だとフロントラインといったモードで、ランダム戦より質の高い戦いをより効率よく行うことができる。車輌の研究、クレジットの獲得、車輌の使用感になれるなども前はランダム戦を行う目的ではあったが、どれも突き詰めれば前記した別モードで事足りてしまうのだ。もちろん優等マークなどはランダム戦とかでしか取れないが、果たして今のランダム戦にそれほどの価値があるのかどうか…

いやはや、暗い面ばかり見ても仕様がないが、ランダム戦にも一応いいところはまだある。まずはボンズの供給元が、現時点ではフロントライン(現在は行われてない)、ランク戦(たまに来る)、ランダム戦(常にある)の3つで、ランダム戦だけが常時供給源として機能している。ボンズ拡張の有用性は様々なプレイヤーが実証している。その価値は極めて高い。

もう一つは信用といったところだろうか、ランダム戦を行ったからと言って信用が確実に現れるわけではないが、やっていたプレイヤーとやっていないプレイヤーでは確かに若干の動きの差はある。これは前衛戦なんかでの話だがね。考えていたことや感性なんかを制限なく行えるのはランダム戦だけだ、そういった意味では、やはりランダム戦はWoTには不可欠なモードなのかもね。

 

それもこれもチームトレーニングが無償化すれば解決する話なんだがなぁ…

広告

APACLeague JapanPlayoff

APACLeague JPN Playoff

ついに決着がついた、やはりとはいえCTが1位となり、NKが2位となった。まずは勝者に賛美を、おめでとうCaren Tiger。そしてお疲れ様だな、Naughty Kids。JSILやSilverMavericks以上に練習を積み、その結果がこれなのだ。互いに死力を尽くした戦いを出来たと、切に願うね。

さて、振り返ればPlayoffの試合自体はどのサーバーの試合も見応えのあるものだったが、最終的に思えば我々の試合が一番見ごたえのあるものに出来たのではないだろうかね、正直選手冥利に尽きる。

メンバーの中でも「楽しかった!」「悔しい!」「次は勝つ」など様々な感想だ、私は楽しいし悔しいし、次は勝つと、そう思う。試合の内容はこの配信で見返すことができる。是非とも見てほしい。視聴者数1,000人を超える大盛況よ、見て損はないよ。

https://www.twitch.tv/wargaming_japan

私達はもっと高みを目指せる。今回の戦いでそれが実感となって湧いてきた。これはメンバーの総意だ。プレイヤースキルに関しては正直同等の所まで来ている、あとは経験と詰めの差だけだ。すぐに追いつくぞ。本当にいろいろ進展があったシーズンだった、人の成長も感じた、限界がもっと高い位置にあることも分かった、自分たちの力が想像以上に伸びてきているのもわかってきた。

 

チームとしてはまずは大きな一歩、前の記事でも書いたがマスターズの一員となったのだ。もちろんまだ油断は出来ない、次のマスターズプレーオフはCTと同等のツワモノ揃いだ、まずは彼らとの対戦に備えるべくもう歩みを進めている。

止まるべきところはここではない、もっと先にあるのだ。

 


PS

明日6/10にはJPNマイナーリーグの決勝戦が行われる。彼らも今後のTB界をひっぱていく重要なチームたちだ。ぜひとも見てほしい。

 

JapanMajorLeague予選結果

Opera スナップショット_2018-05-26_233619_worldoftanks.asiaOpera スナップショット_2018-05-26_worldoftanks.asia

さて、ようやくRound1,2が終了した。このあとPlayoffsが残っているが、とりあえずは記念としておこう。Round2はCTがとNKが同立1位となっているが、総ポイント数ではNKが21となり予選を1位で突破することができた。予選1位ってだけでまだ優勝ではない、だがNKにとっては貴重な予選1位なのだ。

この画像で説明しようか、私達は今JPNメジャーリーグの予選1位になった、つまりこの時点でマスターズリーグへの参加券を手に入れたということだ。昔のゴールドリーグのようなものだな。そう、ゴールドリーグなのだ。NKの悲願だ。

マスターズプレーオフとマスターズ決勝の違いは、マスターズプレーオフは「JPN/ANZ/SEA」のメジャーリーグ2位通過組が戦う。マスターズ決勝戦はメジャーリーグ1位通過組と、マスターズプレーオフの1位通過チームが戦う。マスターズ全体の参加チームは6チームとなるが実際は4チームだ。apac-league-infographic_jp

https://kirisima19.com/2016/10/17/koike解散/】かの衝撃的な事件からすでに2年半が経過している。チームとしては約3年だ。約3年でようやく希望が見えてきた。あるぱかと私は、NKより前、BCの時代からの付き合いだ、正直言うと他のメンバーとはまた一味違う感慨があるね。もちろん他のメンバー嬉しいことは変わらないのだ。

このあとに控えている戦いはもちろん今まで以上に努力しなくてはらないだろう、気は抜けない。PlayOffs1位決定戦はBO9だ、より覚悟の強いチームが残るだろう。NKは今までの中で一番雰囲気も良い、戦闘力も過去最高の時と比較しても遜色はない。これだけ心強い仲間ならばきっとなんとかいやまぁ今は言うまい。

さて、Playoffの試合は公式から配信されるはずだ、諸兄には是非とも応援してもらいたい。きっと期待に答えられるように私達も日々励むよ。

 

 

 

手段と目的

書くことがないからそれっぽいの書くのは良くないんだが、放置するのも良くないな。


よく手段と目的を逆に考えてるって言われないか、私は職場でたまに言われる。うん。5文字で書かれているからそんなに難しくはないと思うが、実際に状況に直面すると手段が目的化している場合がある。

WoTに置き換えて話してみると例えば、だ、「ダメージを取る」これは人によっては目的にもなるし手段にもなる。問題はこれを行おうとする人がどちらなのか、だ。

ダメージを取ることだけを目的とする人。これもまたややこしいんだが、これは戦績を重視する人だ、この人の場合ダメージを取ることを目的とするためそれまでの過程を手段とする。例えばハルダウンポジションに入る。とか、砲弾をより適切な物に切り替えるとか、そんな感じ。

ダメージを取ることを手段とする人、これはもっと先のことを見ている人だ。もちろんダメージを取ることは目的にもなるが、勝つための手段でもある。そう、このゲームは相手より高いダメージをチームで出せば勝てるゲームなのだから。

このように1つのことに対しても目的と手段で別れてしまう。

最近はどうしてもチームバトルばかり故にどうしてもそっちの話になってしまうが、集団戦をしたい。というのは諸兄にとってどちらなのだろうか。考えてほしい。集団戦を目的とするか、手段とするか、それは私から汲み取ることはできない。だが、集団戦をするだけを目的として続けるのであれば、それは間違っていると私は感じてしまう。

私は集団戦を目的としては捉えていない、もとよりNKには技術・知見の向上を図るために加入したのが始まりだ。自分が強くなるため、より多様な考え方を持つために、手段としてチームバトルに参加している。もっとも、今じゃ他の目的も増えてきたが。

私が言いたいのは、やっているだけで満足していないか?ということだ。

 

なんにせよ、この表題は難しいところでもある、だけど大事なんだ。諸兄は目的と手段が混ざっていないかな?

JPN メジャーリーグ Round1/Round2

Round1は無傷で通過、とはならなかったがなんとかRound1位を維持したままRound2へと移行できた。もちろん順調にことが進んでいたようにも見えるが、裏では壮絶な苦悩の連続であった。

まぁ、いつもの練習よりも密度の高いことをしたりとか、練習後も長時間会議をしたりとか、普段と違ってなれないことをしているのはあるが…チームメンバーの熱気に負けそうだよ。Opera スナップショット_2018-05-19_222428_worldoftanks.asiaOpera スナップショット_2018-05-19_222457_worldoftanks.asiaRound2もとりあえず順調に進んでいる、来週の試合は非常に長いが、集中力を維持できるように頑張っていこう。

そういえばNKの公式ツイッターを紹介していなかった、あんまり頻繁に可動はしていないが、今回の大会では可動している。情報を確認したかったらここを確認してくれ、よければフォローもね。

 

榴弾の需要

最近のアップデートで次々と硬い車輌が増えており、貫通が見込めない相手が多くなってきた、代表的なところだと最近紹介したV4なんかがいい例だが、実は榴弾の需要が増え始めたのはもっと前に遡る。

需要が増え始めた、というより有用性に気付き始めたのはType4 / Type5の15cm榴弾砲が実装されてからだ、あの榴弾砲は極めて威力が高く、同格の重戦車全ての榴弾を凌駕する威力を持つ。これはある種の気付薬だったのかもしれない。

前々からHE=ハルダウンに対しての嫌がらせ、もしくは軽車両に対する重大な一撃としての位置付けだったが、最近では足止め、貫通が出来ない車輌への有効打など、有効な使用方法は広がってきた。

特に最近のV4やBadgerと言った堅牢な装甲を持つ車輌や、S.ConquerorやIS-7などの特定のポジションに入った場合に堅牢になる車輌だけでなく、ハルダウンを行っているソ連MTやKranvagnなどに対しても有効だ。

 

TanksGGでは榴弾のダメージなどは出ないため、どの車両に対してどれほど有効なのかはわからない、そこで1つアプリを紹介しよう。

Armor Inspector – for WoThttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.dreamfarmgames.wot.armorinspector.android2

日本語化も若干されているが、和訳はちんぷんかんぷんなためあまり役に立たない、一部の課金戦車の装甲厚を知るためには課金が必要だった気もするが、HEでTier10を調べるのであれば無課金で十分に役に立つだろう。

スマホ版Tanksggのようなイメージだ、使用するにはそれ相応の処理能力が必要とされるが、最近のスマホならば特に問題ないだろう。

TanksGGもそうだが、こういったツールを使って予め知識をつけておけば、貫通できない相手にもある程度戦えるという、他のプレイヤーにはない有利を持つことになるだろう。

JPNメジャーリーグ

 https://worldoftanks.asia/ja/news/tournaments/apacleague-2018-s1-week1/ 】

久しぶりの公式戦だ、我がNKは2チームと対戦、その両方に勝利した。練習の甲斐も有り不自由のない動きができたかともうが、当の私は途中で回線が途切れて1試合参加できないという不祥事をしでかしてしまった。誠に申し訳なんだな。

さて、先程書いたとおり久しぶりの公式戦、しかも大規模と来たもんだ。NKはもちろんできる限り上を狙う、そのために普段から練習を繰り返し、タクティクスを練り、それを実践してきたのだ。

 

各試合は公式から配信されることはないが、各チームが独自の判断で配信を行う。TwitchやWGの関係者のアカウントを回れば、そこらへんの情報を得ることができるだろう。まってお当たりが良いんじゃないかな。

 

さて、これから毎週土曜日が試合の時間になる。日本チームはどれも手堅く強いところが多い、諸兄等も応援するチームを見つけて、配信などを見てみるとよいだろう。